アニメ他

「聖剣使いの禁呪詠唱」第7話(リテイク版)


面白みのあるPV。

 1話・4話・7話で三強である。7話は特に音まわりが冴えていた。初めの教室での自己紹介シーン。静乃がレーシャに転入の目的を問う。「調査、勧誘、誘拐、それとも暗殺?」物騒な言葉を並べてシリアスモード。レーシャ「私の目的は、灰村諸葉と交際することだ」静乃「えぇ?」この「えぇ?」が良い。流れがつまずく。すかさずサツキが「ハァ~~~?」で割り込んでくる。曲はもちろんサツキのギャグテーマ(1回目)。一気に空気が変わる。レーシャに褒められて調子に乗るサツキ。たまらず静乃が「オッホン」で空気を真面目モードに戻す。サツキのテーマ(1)終了。まず音とキャラの空気(静乃:シリアス、サツキ:ギャグ)を整える。

 レーシャ「あなたの兄を私にください、お願いします」サツキ「これはこれはご丁寧に……って、そういう問題じゃないのよ~バカ!」手を払う動きつき、ノリツッコミの勢いが良い。この勢いで、音は再びサツキのテーマ(2)に。そこに静乃が横から入ってきてさらにツッコミ「何をやっているのよあなたは」、曲(2)が終わり、今度は静乃のターン。静乃「エレーナさん、あなたは諸葉のどこを好きになったのかしら」核心をつく問い! レーシャは「一目惚れだ」、このやり取りにサツキが介入! 「そんなの全然答えになってないわよ~!」またサツキのテーマ(3)スタート! 見た目も(><)でギャグの顔、画面と音の両面からなんとしてもギャグに持って行こうとする! 静乃はサツキの口と顔を塞いで空気を変えさせまいとする! だが音楽は止まらない! レーシャ「そういうあなたは、灰村諸葉のどこが好きなのだ?」、静乃「全てよ」、これにレーシャ「それも答えになっていないと思うが」のツッコミが入り、ギャグ成立。静乃とレーシャのやり取りもギャグになってしまった。音とキャラを一致させてからずらす(あの音楽の中で静乃に喋らせる)ことで、シリアスとギャグを行き来する面白さ。ハーレム設定の根拠を問うとギャグになってしまう、ということを露悪的に誇張しているあたりも良い。

 練習のシーンと下校のシーンの繋ぎも、いわゆるエロシーン的な音楽で繋ぐことで、一応シリアスなお話(暗殺のための接近)を、アホくさいハーレムアニメに滑らかに移行させている。副長の登場はあの音楽を呼びこむためか。CM挟んでBパート、同じ下校場面の回想は、今度は穏やかな音楽。ハーレムアニメの男の取り合いとはいえ、みんな一途な感じがあってよいではないか、というような気分になった直後に、レーシャのネコミミギャグ。緩急自在! ギャグの空気になれば当然サツキ、電話をかけてまで介入してくる執念、電話ラップは竹達彩奈の匠の技。レーシャとのデートシーンは大げさなボーカル付きのテーマ。「なんて剛毅……」のロシア語の不意打ち、日本語でも言わんぞ的な語彙が二重におかしい。デートは静乃とアンジェラの電話と並行するようになり、イギリス本部長との対決エピソードの回想から流れ始める不穏な音楽がデートを侵食していく。もう悲劇的な展開は約束されている。そろそろ戦闘か? と思ったら、今度は1分間にわたるロシア語会話である(声:川畑えるきん)。もう笑うしかない。

 最後の戦闘も見どころ。静乃とレーシャ、いよいよ本当にシリアスムードに。レーシャの正体と戦闘の決意を語る静乃、雰囲気にふさわしくメインテーマの声が聞こえる。ここから音楽と戦闘の展開のタイミングががなりしっかりしている。静乃の初弾、二発目、ドラゴン登場で音楽が展開し、順当なアツさを感じる。追い打ちをかけるべく綴る静乃、予備動作付きで気合十分。2回目のボーカルが入り、上からふっ飛ばされたレーシャが降ってくる。ここで倒れたレーシャの視点で綴り続ける静乃の姿が見えるのが良い。まずダメージ表現でピンボケしていて呪文が強そうに見える。書いた文字が自動改行されていくのも面白い。そしてぶつぶつ呟きながら高速で綴り続ける静乃が怖い。「綴る!」は、綴られる側から見たら、こんなにも怖ろしいことなのだ(ドラゴンを傍らに綴る静乃は今回のベストショットである)。綴る動きが作る時間は、攻撃の「溜め」になると同時に、レーシャにロシア語で語る暇を与えている。戦闘中のおしゃべりが間抜けなことはよくあるが、相手が綴っているのだからその時間がある。「綴る!」の設定はつくづく映像と相性が良い。「私がここで死ねば、弟の未来まで閉ざされてしまう!」魔剣を出したレーシャの反撃! ここもタイミングはばっちり。静乃は「果断なる意志を!」で応戦、しかし綴る動きはもう映されないし、呪文の短さがかえって劣勢を感じさせる。振り向きざまの「ライトニング!」もカッコイイが、魔剣を出したレーシャは一行の呪文で倒せる相手ではない。戦闘開始からここまで1曲で繋いだ。 

 今回も、リテイク版は放送版からいろいろと修正が入っている。が、諸葉がレーシャに「イギリス本部長に似ている」と言われて立ち上がる動きの中割の枚数が増えていたのは残念だった。直後に、電話中の静乃がゆっくりと立ち上がる動きがある。ここは放送版でもわざとらしいほどゆっくりしなやかに立ち上がるように表現されていて、諸葉の中割のない立ち上がり方と対照的で、いいな、と思っていたところだった。前のほうがよかった。

 音響監督は稲垣監督の兼任。空気の違うシーンを音楽で繋いで、シーンと音のノリをズラしておかしみを出したり、戦闘シーンでは1曲長回しでアツく展開させたり。8話のコンドラート戦も、展開のある曲を長く聞かせて印象的なところ(4話の漆原邸のシーンと同じ曲か。早い展開が一発逆転のシーンによく合う)。「空戦魔導士候補生の教官」1話の出会い頭のスケベシーンでも効果的だった。


Twitterからの追記
最後の戦闘シーンについてもう少し。前半、レーシャは静乃に苦戦している。レーシャが氷にふっとばされたあと、静乃が綴り始め、次はもっと強い攻撃が来そうなことがわかる。ここでレーシャは初めて魔剣を使うことを決断する。つまり、静乃の綴りがレーシャの魔剣を呼び出している。さらに、レーシャの魔剣は「吸収」の武器だから、相手に攻撃させないと有効に機能しない。というわけで、魔剣を出すことと、その剣で攻撃することの二重の意味で、レーシャには静乃の綴りが不可欠である。その綴りの動きの時間で、レーシャはロシア語で語る。その時間はレーシャの側の「溜め」に変わり、ロシア語で喋っていることが、いわば彼女の「呪文」になる。音楽の展開に合わせて反撃するレーシャ、……というように、静乃の攻撃からレーシャの反転攻勢への転回が、いろんな要素を効果的に重ねて描いているから、おお、となったところだった。全体としてはすごくムラのある作品で、たとえばロシア編の綴りはかなり間抜けな感じがしたが(笑ったけど)、この回このシーンは冴えていた。
スポンサーサイト

「聖剣使いの禁呪詠唱」第4話

 引き続き面白い。2話では大蛇を避けながら綴り、3話では練習相手と会話しながらにこやかに綴った。4話、宇宙はもちろん面白いし、それまでシーンでのふり向き綴り(ちゃんと文字も反転してついてくる)と瞬間移動綴りもポイントが高い。いろんなバリエーションの綴りを見せてくれるのが良い。お約束破りの綴りの間の敵の攻撃も、(1)速さの強調(瞬間移動じゃないと攻撃できない)、(2)リスク描写(危険を冒して綴っているのだ!)、(3)宇宙まで飛んで行くことの理由(あそこなら邪魔されない)、というように、効果的に機能している。

 主人公の記憶・回想→「思い出した」→「綴る!」→強い魔法が出るのパターン処理も、4話はなかなか気が利いていた。今回、前世設定が大きく関係したのは、中盤の「人を縛る鎖はない」発言と終盤の禁呪だが、どちらも諸葉は直接思い出していたわけではなかった。特に禁呪の前に思い出していることは、これから彼が禁呪を詠唱することとはほとんど関わりがない(2話・3話では使う呪文を直接思い出していた)。また、彼らの前世設定は、能力以外は彼らの現在と全く関わりのないものとして出てくる(歴史上の人物の転生とかでないのが良い)。よって、その回想を見て「ああそうだったのか!」的な感動を覚えることはない。つまり、過去の回想が、今に至るお話の種明かしにも、これから起こることのネタばらしにもなっていない。なのに、それをその時「思い出した」ことが、次の展開に決定的に結びついている。

 このさじ加減はなかなか稀有なものではなかろうか。今回の回想シーンが楽しいのは、それが過去を説明しているからでも、未来の予告だからでもなく(「彼が勝利する」という意味では確定演出だが、あの回想から「彼が宇宙に行く」ことを予測するのは不可能だ)、いまそれを思い出している彼がいまから起こすことに期待を持つからだ。この興味は、お話や設定に対するものでは決してない(お話や設定が知りたいなら別にアニメを見る必要はない)。その時間で描かれているのは、「思い出すこと」と「行動すること」が一つの運動として統合された、灰村諸葉の動きそのものである。だから見ていて面白い。

 ただよく見てみると、実は長い呪文は一度も正確に詠唱していないのはかなり良くない。この詠唱は、詠唱の声・スペリングの動き・ポスプロ字幕、の3つの情報が完全に同期した時に、最高の面白さが実現できる、ような気がするのだが、しかし2話の第五階梯は詠唱が引き伸ばされている(シーンが長すぎるので何度か同じ行を言ってごまかしている)し、4話の禁呪も、字幕では出た「我はそれを認めない 我はそれを解さない」が詠唱ではカットされている(シーンが短すぎた)。よくごまかしていると言えなくもないが、綴りの面白さを見せようとするなら、ここだけは几帳面に気を配って欲しいところ。1話の冒頭で詠唱がぶつ切りにされていたのもこのためか。

 音楽のタイミングが良い。コンテは平田智浩。

「聖剣使いの禁呪詠唱」(第1話)

 最初から面白い。一言目から「思い……出した……」と言われても困るし、その思い出した記憶(なぜか女が酷い目に遭っている)も唐突でニヤつく。こういう場面でありがちな女声ボーカルがいい味を出している。戦闘が始まる。剣と魔法で闘う主人公。「ウィーアーザセイバーズ」でいよいよオカシイと思う。「綴る!」で左腕を振り上げる。怪獣四歩、曲の盛り上がりを待つ1カットの溜めが良い。

 呪文を綴り始める。綴り→怪獣の火炎放射→綴り→着弾の早い切り替えが良い。怪獣が火を噴こうとも、この男は綴り続ける。綴りの行数が増えていく。だがそれにもお構いなしに、男(イギリス本部?)が攻撃。アクションを切断するように静止したまま高速で綴り続ける主人公がしつこい。仲間の攻撃の描写がバラバラしていて、連携して主人公を守ろうとする戦術はあまり感じない。真面目に綴り続ける主人公は放置されているのだ。いや放置されているのは怪獣と仲間のアクションのほうか? 互いに無関心のまま続く戦闘。距離感のある映像の冷たさが面白い。

「果てよ、果てよ、果てよ、果てよ」、この辺でそろそろいい加減にしろと思えてくるが、絶妙なタイミングで音楽が2ループ目に入る。まだ続きます。ここで主人公以外の呪文系女が登場、即座に呪文を発動させて、剣系の女との連携攻撃。凍って斜面を滑り落ちてくる怪獣。吹っ飛ばされるバス停がシュールだ。なぜバス停? 「この軽きを この躍動を この自由を この幸福を すべてのものに分け与えよ」もはや何を綴っているのか。「サンダーストームヘリックス」の語感はまあまあだが(作品は違うが「レッツサーチイーブル!」には洗練を感じる)、そのあとの「みんな、ありがとう」がたまらなくおかしい。冷たい映像とのコントラスト。ここまでやられると幼女の語りは何も頭に入ってこない。そのこと自体がさらにおかしみを増す。



 主人公の綴りが面白いのは、(1)まわりで激しい=速いアクションをやっているあいだ、ずっと静止して綴り続けているから。まずこの緩急。だが綴り自体の速度は速い。驚異的なスペリングだ。つまり(2)動き自体は速いのに、えらく時間のかかる遅さをもっている。これを際立たせるために静乃の綴りはカットされ、彼女の呪文は即座に発動する。声の呪文詠唱だけだったらきっと面白くないだろう。実際に綴っているから、その動きが作る時間が面白い。

 さらに、(3)呪文の根拠が情報の意味から量に変わること。まず唱えながら綴るという行為が、呪文を音声と文字に分裂=増殖させる。しかし、声はゴニョゴニョしているし、文字もゴチャゴチャしているので、内容が分からない。いや、文字はよく見ると平仮名なので「読める」のだが(この間抜けさも良い)、平仮名は表音だし、かなり達筆に崩してあるのでパッと見では意味が取れない。なんとか読めるけど分からない。そこに映像レベルで書き下しの字幕が入る。更なる増殖で呪文の情報量は極大化する。これで意味が分かる、しかし(呪文なので当たり前と言えば当たり前だが)分かったところで意味を成さない。呪文の分裂=増殖を重ね、情報量を極大化したことで逆に増幅される徹底した無意味さ! 説得力をもって語られたことはただ一点、主人公が綴る量がすごく多いこと。たっぷり時間もかけている。あんだけ綴ればそりゃ強いでしょう。ということで、この映像が、どんな設定説明よりも効果的な「強さ」の根拠になる。みんなありがとう!

 原作はラノベ。意味ではなく情報量が呪文のスペックを決める(行数がそのままレベル表記になる)のは同じだが、当然、呪文は文章で1回書かれているだけ。スペリングも、詠唱と同時に素早く綴ったとあるのみで、綴りの動きが生む速さと遅さを感じることはできない。多重の情報で無意味を増幅させる贅沢な面白さは映像でしか味わえない。他にも、居眠りで説明ゼリフを見事に上滑りさせたり(設定なんて全然頭に入ってこない)、出会いのシーンで突然涙を流すサツキと倒れる静乃の異常な速さ、ポテトシーンの高速首振りからのクロスフェードなど、見どころ多数。見事な映像化。
聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> (GA文庫)聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> (GA文庫)
(2013/02/14)
あわむら 赤光

商品詳細を見る

 監督は稲垣隆行。原作との相性は「のうコメ」以上か?

「グラスリップ」第6話

朝方の空。波の音。寝ている女。OP。明けると、その姿勢で寝ていた深水透子がガバっと起きる。OPを挟んだことで、彼女がずいぶん長いあいだそうしていたかのように見える。部屋から出る透子。妹はまだ寝ている。これだけで、その時がふつうまだ寝ているような早い時間であること、透子がその時間よりかなり前から、ずーっと悶々としていたことが感じられる。波の音が変わらず聞こえる。透子がそちらに目をやりながら工房へ向かう。彼女の視線の先には、さっきから波の音を聞かせている海と、明けかかっている空の光がある。だが、何か不自然なくらいジャマなコンテナが、彼女が見ているものをカメラから遮る。彼女がどんな景色を見ているのかはわからない

s-gl6-1.jpgs-gl6-2.jpg
海に目をやりながら工房へ向かう透子が良い。コンテナが邪魔だ。/沖倉家からの場面転換で、いきなり惚けた表情の透子。音楽は聞こえ続けているが、彼女が何を見たのかはわからない

・鏡
歯磨き中、「未来の欠片」なるビジョンを見る。キスシーンに叫び声を上げる透子(何せ自分のキスシーンを客観視したのだ、ふつう死にたくなる)。家族が駆けつける。カメラは透子の姿をちょうど真後ろから捉えているため、彼女の表情を見ることができない。家族を捉えたカットでも表情は隠されている。さっきとは逆に、彼女が見たものは見えたが表情は見えない

s-gl6-3.jpgs-gl6-6.jpg
この鏡芸をやるために、彼女は歯を磨いている。明け方のぼんやりとした光が、今は光線となって彼女にビジョンを見せる。/後の井美雪哉が鏡の前に立つシーンでは、丁寧にもちょっとカメラをズラして表情を見せてくれる(「どんな顔すればいいんだ」)。見せてくれるから、透子のシーンでは見えなかったことが気になってくる。母の「ごはんですよー」には反応せず、やなぎの「はーい」でビクッとくる芝居が細かい。

・レコード
沖倉家のレコードと、店のBGM。作品世界で鳴っている音が映像の音響にスライドする。作品世界で鳴っているということは、作品世界内の登場人物は全員その音を聞くことができるということ。聴覚は共有されている。その共有を断ち切る、透子―駆の個人回線。前の沖倉家のシーンでは、父には聞こえない超能力として。後のカフェのシーンでは、携帯電話で透子が席を外す。一方は固定電話。このアナログ感が笑える。

・階段
井美=高山家。雪哉の部屋からは、姿は見えなくても、声と足音でやなぎの存在を意識せざるを得ない。ドタドタとうるさい階段はもう一度、雪哉が駆を殴った後にも出てくる。階段を上がる雪哉とそれを追いかけるやなぎ、ちょっと話してまた下りる雪哉。上ったり下りたり忙しい。この動きによって聞こえる足音が、二人の足並みが揃っていないような感じを醸す。

・パンチ
沖倉駆は二度殴られる。一度目は神社の境内で雪哉に、二度目は校庭でやなぎに。まず一発目。フレーム外から雪哉の右が飛んでくる。殴られる直前、駆はちょっと驚いたような表情を見せている。ここで雪哉に殴られるのは、彼にとって意外なことだったのだ。だが二発目、やなぎに殴られるカットでは、敵はフレーム内、彼のど正面に立っている。ここでビンタの予備動作が1コマ打ちでぬるっと入る(演出:守岡博)。殴る瞬間ではなくその前を動かすのが効果的。密度の高い動きが、彼女の殴りの予備動作を強調して見せている。駆もやなぎの動きに気づいたはずだ。だが駆は表情を変えない。彼は殴られることを覚悟している。

s-gl6-7.jpgs-gl6-11.jpg

このビンタシーンはいろいろと面白い。カットは構えるやなぎ(正面・駆の目)→驚く透子→ビンタするやなぎ(後ろ)と流れる。間に透子が挟まるから、やなぎが駆をビンタする光景を透子が見ているように見える。だがこの空間の人物配置は事前に俯瞰で示されていて(親切!)、つまりやなぎを真後ろから見たカットは雪哉の視点ということになる。誰が何を見ているのか。こんがらがる緊張感。

s-gl6-8.jpgs-gl6-12.jpg
階段が劇場っぽい雰囲気を出している。ややこしいシーンをやる前に、ちゃんと俯瞰を入れてくれる。/最高に面白いシーンなのだが、最終的に透子は目を閉じてしまう。

・目線メキシカンスタンドオフ(1話)
誰が何を見ているのか。同じものを見ているのか。その音は聞こえているのか。視覚と聴覚のズレと緊張……というのが(改めて言うまでもなく)この作品の面白さ。そもそも最初のシーンから花火(音と光のずれを感じる恰好の要素)を使ってきていて、理屈っぽさがちょっと臭いくらいでもあるけれども、それでもやはり1話の最後、喫茶店のシーンはゾクゾク来た。全員が何かを見ているのだが、誰も同じものを見ていないのだ。

s-gl1-1.jpgs-gl1-2.jpg
やなぎの目を動かし、目線に注意を向けさせてからの止め絵! 彼らは全員違うものを見ている。盛り上がる音楽と、トドメのセリフ「透子、俺はあの日、君と同じものを見た」

・私を殺して
6話は画コンテ:川面真也、演出:守岡博。ベッドで頭を抱える透子が、ノワール21話の霧香とよく似ていた。

「みならいディーバ」



声優の動きをキャプチャーし、CGキャラをリアルタイムで動かす生アニメ……と言うと、ものすごく前衛的なことをやっている気がするのだがあまり面白くない。「直球表題」「部活もの」には感じられた緊張があまりない、生放送なのに。なぜか。

「直球表題」や「部活もの」で感じていた緊張とは何だったか。アドリブパートで事故るとき。中の人が透けるとき。見えているのはアニメのキャラのはずなのに、何かそうでないものが滲み出たとき。そういうズレみたいなもののスリル。だから、そのまま声優のトークをやられても、それは別に注意を引かない。ただの声優バラエティー番組に見える。テレビのスタジオっぽい環境も影響しているのかもしれない。

もう少しキャラを作って会話してくれれば、とか、いっそ動きの演技も台本でやれば、とか思っていたところ、4話に至って自然発生的に「ういういう~い」なる「キャラ」が出来あがってきたのは良い兆候である。これまでの作品とは逆方向に、声優からキャラクターが染み出てくる瞬間が捉えられるのかもしれない。それなら、面白い。

あと即興歌詞芸には感心する。しかし4話はヒドかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。