スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穂乃果の異常行動を数える「ラブライブ!」第10話

 これまでの勢いはどこへやら、美少女が戯れる凡作になり下がりかけた10話だが、弛緩したお話のなかでも異常行動をとり続ける穂乃果の動きはメモしておかなければなるまい。真姫と希のお話は、はっきり言ってダシである。

1.「そうだ!合宿行こうよ!」

ll10-1.jpg

暑さにやる気を削がれた穂乃果は、いきなりこんなことを言い出す。にこ「ハァ?なに急に言い出すのよ」。希が「連日炎天下での練習だと体もキツイし」ともっともらしくフォローするが、これから練習を始めようという時に突然あたらしいことを言う、穂乃果お得意の不規則発言である。だがこの発言がなければ第10話そのものが動かない。穂乃果はこの発言とともに、屋上から屋内に入ってくる。

2.「ことりちゃん、バイト代いつ入るの?」

ll10-2.jpg

海未に「費用はどうするのです?」と突っ込まれた穂乃果は、ことりにバイト代をたかる。メンバーにたかろうとするリーダーの姿から滲み出るのは、下準備を全く考えない行き当たりばったりな行動原理だ。ことりの手を引き、内緒話をする体でカメラの前=踊り場の奥まで進んでくることが、次の真姫への絡みの布石になる。

3.「そうだ!真姫ちゃんちなら別荘とかあるんじゃない?」

ll10-3.jpg

今度は真姫の別荘を当てにしようとする。渋る真姫をこの表情で落とし、一行は真姫の別荘で合宿をすることに。絡む相手を次々に替えながら、一番奥の真姫のところまで進んできて第10話を起動するアバンの流れは見事。表情もころころ変わり、くるくる回って面白い。

4.「寝てる!」

ll10-4.jpg

別荘についた直後、寝床の場所取りでいきなり寝る。この行動が、夜寝れなくなる→枕投げシーン、と繋がっていく。

5.「って海は!?」

ll10-5.jpg

やる気満々の海未が練習メニューを披露する中、既に水着姿の三人。彼女たちが水着姿で駈け出したからこそ、スポ根練習は回避され、みんな大好き水着回が始まるわけだ。

6.「お茶ーお茶ー」

ll10-6.jpg

食事後、さっさと横になって茶をねだりだす。花火を提案する凛、後片付けの花陽に対して、「花火よりも練習です」の海未がまた合宿をスポ根化しようとするが、ここで穂乃果の行動を見たことりが「でもそんな空気じゃないっていうか、特に穂乃果ちゃんはもう……」と効果的な一撃。からの、花陽「私はお風呂に……」発言でカオスな雰囲気になりかけたところを、希がうまくまとめた結果、みんなで風呂に入ることに。再三不規則発言を繰り返した穂乃果の異常行動があってこそ、ランニング10km(あるいは精神統一)が、今度は温泉シーンに化けたのだ。

7.煎餅

ll10-7.jpg

消灯後、上記4の仮眠が響いて寝れない穂乃果は、今度は煎餅を食い始める。さすが和菓子屋の娘。その物音が気になった絵里が明かり点けたことで、みんなが目覚めて枕投げ大会開始。ということは、穂乃果が煎餅を食っていなかったら、枕投げ大会と、そこからの真姫のデレもなかったのだ。どうでもいい合宿回に見える第10話でも、たとえ真姫のデレ回に見えたとしても、作品を駆動するのは、やっぱり主人公・穂乃果の衝動的な異常行動なのである。

(←)聖域のアマチュアイズム「ラブライブ!」第9話
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。