スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラブライブ!」――今を愛せ

「ラブライブ!」1期について書いた文章をここにまとめる。
 基本スタンスとして、あくまでテレビアニメ作品を鑑賞することを目指し、それ以外のコンテンツ展開や商業的な広がりへの言及は最小限に留めた。また、現実のアイドル環境をはじめ、他作品との比較や、作者を持ち出す語りも極力控えた。これは単に気に入ったアニメ作品に感じた良さ・凄さ・面白さを書きだそうとした、シンプル(偏屈)な試みである。
 なお論調を整えるために一部の文章を修正したが、記事ごとに書いた時期が異なるゆえ(順不同)、書き手の情報量にムラがあることをお断りしておく。

各話論
「ラブライブ!」第1話(intro)
「ラブライブ!」第1話:高坂穂乃果の躁鬱分解
なめらかな断絶を踊る「ラブライブ!」第1話
三重開封「ラブライブ!」第2話(1)(2)(3)
今を愛せ「ラブライブ!」第3話
まきりんぱなへ至る途「ラブライブ!」第4話(1)(2)(3)(4)
空気を読みすぎた天気「ラブライブ!」第5話
鬼の矢澤の入部試験<アイドルゲーム>「ラブライブ!」第5話
PVとしての「ラブライブ!」第6話
二重否定のセンター高坂「ラブライブ!」第6話
数字とアイドル(部)活動「ラブライブ!」第7話
早い遅さの作り方「ラブライブ!」第8話(1)(2)
聖域のアマチュアイズム「ラブライブ!」第9話
穂乃果の異常行動を数える「ラブライブ!」第10話
不運ゆえの失敗、すなわち強運ゆえの栄光「ラブライブ!」第11話
集大成の最低化「ラブライブ!」第12話
高坂穂乃果という永久機関「ラブライブ!」第13話

総論
「ラブライブ!」総論:高坂穂乃果はなぜアイドルなのか

付録
「ラブライブ!」再放送時のツイートまとめ+α

 このページは加筆する可能性があります。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。