「てさぐれ!部活もの」



PCを買ったらしい石舘監督。まあいつも通りな感じなのだが、歌詞と映像が一致し過ぎているあのOP(と、まだ踊っていないED)を見ると、そういえばOPとかライブパートってあまねくプレスコだよな、とか、映像と音声のあいだにあるはずの微妙な緊張感を、少し思い出させられたのだった。かつてのフィルムにあったかような……

この作品の場合、逆にOPだけアフレコに見えてくるのが面白い。出オチだが。
関連記事