スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ノワール」(BD版)第4話

 作中でもかなり地味な回、という印象もある第4話。その理由は「Noir 各話音楽含有率」(Noir #26 誕生 « ぐる式)を参照すれば一目瞭然、全26話で最も音楽が鳴っていない回だからである(それでも比率は50%を超えている)。奇しくもタイトルは「波の音」、……この明らかなる仕掛け。

 開幕はパーティ会場。お気楽なムードにふさわしい音楽が流れている。レコードっぽい音質……と思っていると、ちゃんとラッパ型蓄音機が映る。ミレイユ登場、お色気作戦で男の銃を取り、始末しようとするまさにその時、カメラは回転するレコードを大写しに。すると音楽が途切れて、わざとらしいタバコの落下音と女の悲鳴。今度は霧香が赤く光るフォークを見せる。ということは霧香もターゲットを既に始末したわけで、するとさっきの悲鳴はどっちの仕事に対するものなのか曖昧になる。レコードを大写しにして視覚と聴覚を一致させておきながら、音楽と物語の両面で直後にそれをぶった切る。なんとも人を喰った音響演出。タイトルは「波の音」、視覚的な波とその音はどう交差するか。

 クリミア=ウクライナ情勢緊迫の折、「ウルジア」なる国のクーデターコーディネートと言われると、なんだか妙にリアルな感じが。海岸リゾートっぽいコテージに着くノワールふたりのバックには早くも波の音が聴こえている……ような気もするが、さして印象にも残らないうちに画面はアトライド社へ。やたらガチャガチャした音を立てて開くエレベーター。こっちのほうがよっぽど耳に残るし、SEがこんなに聞こえたからこそ、そこが音楽無音の場所であることに注意が向く。第4話はノワールふたりとターゲットのアトライド社(の社長)を交互に描いていくが、アトライド社パートは最後まで無音なのである。音楽含有率の低さもこれで納得。「タナーとフォスターはツイてなかった。……が単にそれだけのことだ」と切り返す社長が良い。

 ノワール側に視点が戻ると、さっそく音楽と波の音。だが海は遠景にあって波が見えない。「静かな海ね」というミレイユのせいで余計に波の音が気になるが、画面はぼんやりした霧香の表情から1話の竹林戦闘シーンの回想へ。ここの回想が音楽無音で風の音を聞かせる!「canta per me」が朗々と流れていた1話とは全く違う感触で面白い。回想から戻ると音は風から波へ。光る海に波がチラッと見えるが、また視点はアトライド社=ハモンド社長側に移ってしまう。空港での娘との再会からホテル(自室?)まで音楽は無し、微妙な親子関係と相まって重苦しい雰囲気。ノワール側に視点が行くところで、波の姿がハッキリ映る。徐々に存在感を増してくる波、何かが満ちてくる感覚。

 移動中の車内、「止めてくれ」と言う社長。小さな立方体の箱を、娘の写真の前に置く。誕生日プレゼントである。ああ、「ターゲットと護衛が気を緩める瞬間」に殺されなくてよかったね(cf.Phantom4話、この回と被せている?)。密告によって即座にコテージが包囲される。波の音が聞こえる。ここに至って波の音がノワール側=有音アトライド側=無音の橋渡しの機能を持たされていることがわかる。戦闘が始まるが、なんかこの回の霧香は作中でもかなりエロい感じがする。服装、表情、セリフ、妙に虚ろである。ミレイユ「やれると思う?」に対して「えぇ……?……」。

「canta per me」を引き連れて、冒頭で来た道を逆向きに走る。地下駐車場で「salva nos」、これまで無音だったアトライド社にノワールが音楽を連れてくる。アトライド社の人間のバックに音楽が流れたとき、そいつは死ぬ。霧香が社長に銃を向けてから射撃まではたっぷり30秒、ここで第3話でも使われていなかった「salva nos」ラストのギターパート! 「salva nos」は実に4話かけ続けて全体を明かした。曲が終わると霧香は撃つ、まるで音楽が聴こえているかのよう。

 ラストシーン、ロザリーと霧香がすれ違う。ロザリーのほうが長く画面に留まるが、カメラが追うのは霧香。最後に波だけが映され、その音が聴こえる。だがアトライド側に視点が移ることはもうない。

(追記)そもそも音とは波なのであって、この視覚と聴覚の交錯こそ、ノワールの妙味なのである。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。