「アイドルマスター XENOGLOSSIA」第3話 インベル起動シーン

 このシーンのゾクゾクは、まずインベルが起動していないなら、天海春香は外を見ることができないはずという状況設定による。前半部で描かれたように、正確には、インベルは起動はしている。機械的な問題はないが、「アイドルとマスターの相性」のせいで、出力が安定値まで上がらない(が、ここでは以下起動していないと表記する)。翌日、春香が乗ってみることになるが、やっぱりダメで、彼女はコクピットに閉じ込められてしまう。起動していないインベルに乗ったまま打ち出される。

 以前の記事で、iDOLのコックピットはアーケードゲームの筐体に似ているように見えると書いた。視界は全天周囲型ではなく、モニターにゲーム画面のように映し出されていた。その視界はiDOLの視界であった。だから、iDOLが起動していなければ、中の人は全く外を見ることができないはず。ここで春香を閉じ込めておいたシナリオが活きる。春香はまだ明るいうちに起動テストに参加し幽閉された。ということは、彼女はその日その時の外の景色を見るチャンスが全く無い(これまで田舎で暮らしていたことを差し引いても、こんなシチュエーションで見る風景を想像することは難しい)。にもかかわらず、春香はこう語りかける……「インベル、怖がらないで。よく見て、海だよ」

s-xeno3-1.jpgs-xeno3-2.jpgs-xeno3-3.jpg
視界の全く無い状況でも、「空を見ろ」と言うときにはちゃんとそっちを向く動きがある。/「だよ」の前にはの、「コンペイトウだよ」の前には青空の、それぞれ幼時の回想みたいなものが入る。海やコンペイトウの直接的な記憶ではないところが良い。自分の記憶から、インベルには見えるはずの外の視界を想像する。

 春香の話の続き。「あのね、自分が怖い顔してるとね、みんな怖い顔するんだよ。でも、自分が笑顔なら、みんなも笑顔を見せてくれる。それだけ。それだけのことなんだよ」。射出前にはこうも言っていた:「怖いって気持ちは、いくら大丈夫って言われても消えないんです。自分で外に出て、自分で確かめない限り」。引きこもってばかりではイカンです、外に出て、自分が笑顔を見せれば、世界も違って見えるはず。なるほど教育的。さてこの言葉は、前のシーンでのやよいの教え:「強引なくらいがちょうどいいのよ。ま、いろいろやり方はあるかもしれないけど、少なくとも私は、その方法で親友を一人作ったわよ」を引き継いでいた。それなら、このやよいの教えを素直に受け取れば、積極的に動くべきはインベルではなく春香のほう、ということになる。だから彼女はインベルに「外に出ろ」と説教していたわけではない。

 ここで今度は春香の視界を想像してみる。春香は外が見えない状況で、インベルの視界=外の世界を想像して語っていた。しかし、外が見えない=真っ暗闇、というわけではない。こういう状況のiDOLコックピットで何が見えるのかは、劇中でちゃんと描写されている。起動実験が失敗し、モニターが消灯した直後。あるいは、「私につきあってくれる?」と語りかけた出撃前。そういうとき、消灯したモニターには、反射した春香自身の顔が見えていた。つまり、ここでの春香の言葉は、全て自分自身を見ながら語られたものと聞くことができる。自分の表情が見えてしまっているから、彼女の言葉には、やよいの教えには無かった「笑顔」の要素が出てきてしまう。半ば自分に言い聞かせているようなかたちになる。

 このときiDOLのモニターは、中の人を閉じ込めた箱を透過しうる「外への目」であると同時に、その視線を彼女自身に向ける、半導体的なもの(=シリコン構造体)としてある。消灯したモニターは「外への目」としての機能を果たさず、ただ視線を反射させて、内側のキャラクターに一方的な視線を浴びせていた。しかし春香は、外への視界の遮断を想像力で突破する。それと同時に、自身に向けられた視線を受け止め、自分自身を見て呼びかける。「自分が笑顔なら、みんなも笑顔を見せてくれる」。彼女は箱の内側から外の世界と内側の自分を同時に見た。インベルが見る景色と、彼が自分自身を見る視線を感じた。彼の視線を共有し、自分への視線を自覚した。……それは彼の目で彼女を見た。

 もはや彼女は箱の外側からの一方的な視線に晒されるキャラクターではない。落下する箱の中で「飛ぼう、私と」と言い切った彼女は笑顔を見せ、インベルはそれを見て飛んだ。半導体的なモニターを通して、自身を閉じ込めた箱=筐体の壁を、内にいながら乗り超えるこの自覚。一方的な視線を跳ね返す。視覚の獲得。内側からの駆動。彼女とそれの融合。こうやってiDOLを起動した彼女は、アイドルでありかつそのシステムを乗りこなすマスターに見える。

ix3-4.jpgs-xeno3-4.jpgs-xeno3-5.jpg
消灯したモニターに自身の表情が反射して見えることはチラホラと出てくる。/起動後の彼女は、箱に閉じ込められたキャラクター=アイドルであると同時に、画面を見てiDOLを動かすプレイヤー=マスターである何かに見える。
関連記事